検索
  • RYOHSUKE NISHI

各種ビザについて

更新日:1月21日

日本人を含めた多くの外国人は本国とタイとの友好関係によって、タイに入国するとビザなし30日の滞在を認められます。


さらに入国管理局で30日延長できます。


その入国する目的は多々あるでしょうが、観光目的で入国していると考えられています。


観光等に30日以上必要な場合はタイ国外の大使館で観光ビザを取ることができます。


取得後にタイに入国すると、入国から最大60日間の滞在が可能、入国管理局で延長手続きをすれば、更に30日の滞在が可能です。


他に今コロナ蔓延による帰国出国困難救済措置としてコービット60日延長があります。また観光以外の目的で滞在する場合は目的に応じたビザを取得することが要請されています。


学ぶのであれば学生ビザ(EDビザ)、働くのであれば労働ビザ(ビジネス(B)ビザ)、結婚して滞在する場合は結婚ビザ、家族に帯同する場合は家族ビザ、引退して過ごすにはリタイアメント、引退、ロングステイビザ、ボランティアするにもボランティアビザが要ります。


詳しくは弊社までお問い合わせください。




閲覧数:53回0件のコメント